経営理念の影響力

経営理念を大切にする

トップ

経営理念が会社をつくる

会社には理念があります。その企業によって、経営理念、だったり、社訓、だったり、方針、だったりと呼び方にはバリエーションがあるのですが、これらは全てまとめて、企業が大切にしているものです。これは、会社が存続している限り、そこに流れる血になります。新入社員もこれに惹かれて入社してきますし、上司はこれに従って教育をし続けなくてはなりません。会社が建てられたときの思いが長い年月を経て受け継がれるのです。同じ目標を目指す週んだんが、いかなるときでも同じ心を通わせ、一致団結した経営をしていくための一本の軸となっているのです。

社訓や理念を心に刻む

会社設立時に設立者がその会社の経営を通じて何を実現したいかを文字で表したものを、社訓や、理念、といいます。社員はこのスローガンを全員で心に刻み、それを達成できるように努力をしなくてはなりません。ついつい上司に怒られたらすねてしまう事もありますし、経営をしている側でも自分勝手な欲求に負けてしまいそうになる事もあるかもしれません。しかし、会社で働いている限り、その集団としての目標を何よりも最優先するべきです。社訓、理念を心にきざむ事で、働いている会社が少しでも世に貢献できるようにできるといいですね。