偉大な経営者の失敗

経営は諦めない事が大事

トップ / 経営は諦めない事が大事

経営が下手だった成功者

偉大な経営者の中にも、たくさんの失敗を経験した人はいます。例えば、フォード・モーターを創業した、ヘンリー・フォードは過去に、5度も破産を繰り返しています。彼は、どんなに給料が安い人でも車が持てるような社会を目指し、何度も会社を建てては失敗したそうです。最終的には大きな利益を生み出した自動車会社を設立しましたが、最初は経営下手だったということでしょう。誰でも練習すればある程度は上手になってくるのです。失敗しても諦めず、妥協せず、自分の夢を追いかけ続けた人だけが成功を手にいれられるのかもしれません。

大きく成功するために

経営者はしきりに、どうやったら成功するのか、という事を考えます。もちろんビジネスは利益を出さなけらば継続できません。しかし、成功する、というのは会社の夢を達成するための手段です。手段が目的化してしまうと、どんどん行動が小さくなってしまいます。夢をかなえるための起業をしたのなら、夢をかなえるための経営をしなくてはなりません。お金を意識した成功ではなく、起業が社会に及ぼしている影響で成功を測りましょう。人の人生は長いようで短いので、その期間で成功を収めるのは難しいように感じるかもしれませんが、想いは強く持っていれば、叶うはずです。